スマートフォン用サイトを表示

日本の原風景が残る兵庫県北播磨地域で心豊かな感動体験を!

ハートにぐっと北播磨
 アクセスランキング - 観光
 おすすめコンテンツ
 ログイン【更新施設専用】

ユーザ名:

パスワード:

directions_bike
播磨で遊ぶ
Play with Kita-Harima
キーワードで探す
カテゴリから探す
現在 357 件のスポットが登録されています

新着観光スポット

箸荷(はせがい)いちご・ブルーベリー園

多可町加美区の箸荷(はせがい)いちご・ブルーベリ園です。いちご狩りは毎年1月頃から開催します。全国発送も可能です。みなさんのお越しをお待ちしています。ハウス内は車イス、ベビーカーも楽々通れます。男女別水洗トイレ、身障者用水洗トイレ完備。いちごは高設溶液栽培で高いところにいちごがぶら下がっています。
いちご狩り45分間食べ放題料金(2022年1月現在)
0.1歳無料。2歳500円。3歳から小学生未満1300円。小学生1800円。中学生以上79歳まで2000円。80歳以上1000円。
開園期間中、いちごが少ない場合がありますので、ご来園の際は必ずお問い合わせください。また、2021年以降のいちご狩りはコロナ対策として人数制限を行うため3月以降も予約優先とさせていただきます。よろしくお願いします。
下記の電話でのお問い合わせが確実でおすすめです。
090-8377-2374(いちご園直通電話)
いちご狩りの開園日、休園日の最新情報はホット情報をご確認ください。

多可町余暇村公園 

子どもたちに大人気 全長200mのローラーすべり台
 兵庫県が行う都市公園事業の一つとして、昭和50年度から15年計画で整備が進められ、昭和62年(1987年)11月、その一部が完成し開園しました。園内には760株のバラを集めた花壇、修景池(340㎡)などがあり四季を通じて美しい空間を演出しています。バラ園の見頃は5月下旬から7月下旬、10月中旬から11月下旬です。この他に、日本庭園や冒険広場があり小さな子どもからお年寄りまでゆっくりくつろいで頂けます。
 冒険広場には①妙見スカイローラー、②回廊式コンビネーション遊具、③つり橋・レンガの砦・子どもの小川があります。
宿泊施設「ココロン那珂」
銅精錬所跡展示館

北条鉄道

北条鉄道とは北条町駅~粟生駅間13.6kmの区間を片道23分で結ぶ鉄道です。北条町駅は、兵庫県加西市の表玄関の駅で、北条鉄道の本社もあります。おしゃれな駅舎が自慢で、ここから一日17往復の列車が走ります。
お得なフリー切符(840円)は1日乗り放題。また、おいしい加西産のはちみつや鉄道グッズも販売しています。

【障害者用トイレは北条駅のみ設置されています】

エーデルささゆり

アルプス・バイエルン地方を思わせるリゾート
周辺は緑豊かで視線をさえぎるものもなく、どっぷり「アルプスの少女」の世界に浸れそう。
客室は2021年リニューアルの本館洋室が5室。スポーツ合宿などにも適した別館は和室を中心に7部屋。
夕食はフランス料理のフルコースか会席料理から選べる。 予約は6ケ月前から受付。 宿泊者に限り、ガルテン八千代の体育館やテニスコートの予約も同時に申し込むことができる。

道の駅みき

道の駅みきの建物は、翼を広げた金物鷲をイメージした設計で、大工道具のまちらしく木材をふんだんに使用しています。
また、屋内・屋外それぞれに貸室・有料施設を備えており、屋内2階は金物展示販売場と貸室会議室・催事場で、主に企業の皆様方のPRや商品販売会等にご利用頂いています。

マイスター工房八千代

田舎のコンビニ マイスター工房
特産品の開発場所として平成13年10月、Aコープ並びに、保育園の跡地を利用してリニューアル化しました。『マイスター』とは『手づくりなどの匠の技を持った人』というドイツ語です。昔ながらの食文化、新たに創造する食文化、地元産にこだわった食文化など、ふるさと産品の開発や研究を進めるとともに、『田舎のコンビニ』として大人気の施設です。特に、飛ぶように売れる巻きずしが有名です。なお、これらの活躍が広く認められ数々の賞を受賞されています。
* 平成15年『ひょうご農と暮らしの研究発表会・体験の部』で知事賞
* 平成16年『オーライ!ニッポン全国大会 食アメニティコンテスト』で農林水産大臣賞
* 平成17年『全国農業コンクール(毎日新聞社主催)』で名誉賞
* 平成17年『農林水産祭』で日本農林漁業振興会長賞

* 平成19年6月 店の向かい側に野菜売り場『野菜畑のあまふね市』をオープンしました。マイスター野菜部会のメンバーが丹精込めて作った新鮮な野菜をどうぞ。(野菜の端境期には店舗にて販売しています)

北播磨広域観光協議会

北播磨の観光振興に取り組んでいます。

 北播磨広域観光協議会では、北播磨地域への交流人口を拡大するために、北播磨地域の観光スポット、産業、食、特産品、イベント、体験プラン、まち歩きコースなどを情報発信するとともに、それらを広域的に連携するツーリズム事業を推進しています。

東条温泉とどろき荘

 とどろき荘は
数百年前より当センター前の東条川河岸一帯より、湧出し、古来足利氏古戦の際、傷を癒したと伝えのある源泉を利用した温泉施設です。
 温泉に浸かり、のんびりと日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?
 <とどろき荘の温泉の特徴>
 その1 美人の湯
 その2 熱の湯
 その3 体に浸透しやすい温泉
*詳しくは、とどろき荘HPをご覧ください。
 とどろき荘は、Facebookも掲載中。Facebook「とうじょう温泉 とどろき荘」 で検索してください。

道の駅「山田錦発祥のまち・多可」&観光交流施設「まちの駅・たか」です。
多可町のお野菜やお米、たまごなどの農産品から、播州百日どりの加工品、多可町産山田錦を使用した日本酒、そのほか多可町の逸品を多数取り揃えております!
不定期ですが、土日や祝日を中心に、間伐材のペレットで燃える移動式ピザ窯を用いて、多可町の朝どれ野菜をたっぷり使った「地PIZZA」を販売しております!(本当に不定期なので、お電話にてお問合せいただくことをおすすめします!)
また、多可町内のご案内や観光に関するご案内も承っておりますので、お気軽にお立ちよりください。

山田錦の館

とれとれ農産物と酒米山田錦が勢揃い

 地域のとれとれ野菜・特産品の販売や酒米ミュージアムをはじめ、日本酒試飲所、地元食材をふんだんに使ったレストラン、また研修室を備えています。
 そして、同じ敷地内には、炭酸含有量日本一の吉川温泉「よかたん」があります。
疲れた体をリフレッシュされてはいかがですか?

加西サービスエリア

加西サービスエリア(下り線)

ラベンダーパーク多可

むらさきの風薫る丘
ラベンダーパーク多可

2008年6月にオープンしたラベンダー園。
敷地面積5.0haの園内には、地元の方々がひとつひとつ大切に育てたラベンダーが約20,000株栽培されている西日本最大級のラベンダー園です。
ラベンダーパーク多可は、さわやかな風が吹き抜けるなだらかな丘陵地にあり、眼下には棚田の原風景、見上げれば東播磨の最高峰千ヶ峰(1005m)が望め、振り返れば丹波霧が見渡せる大井戸山(794m)が雄壮な姿を見せ、絶好のロケーションを誇っています。ラベンダーを使った体験はもちろんのこと、ラベンダー加工品の販売や、特産品の販売も行っています。さらに、地卵を使ったたまごかけご飯や親子丼を楽しめるごはん亭や、地鶏のチキンカツや鹿肉を使ったカレー、ラベンダークリームソーダなどを楽しめる喫茶ラベンダーもございます。近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

ラベンダーの花の見頃は品種によって違いますが、5月中旬から7月中旬頃となります。

小野物産館オースト

新しい産業の形成とONOブランド戦略の拠点としてひまわりの丘公園内に設置。店内には、園芸用品、金物、木工工芸品、食品、一般商品の販売をしています。

滝野温泉 ぽかぽ

こころも、からだも、あったか『ぽかぽ』
 山の中の自然豊かなロケーションで、疲れを癒しませんか?
 湯上りの肌に清涼感が感じられるアルカリ単純泉で、神経痛や筋肉痛に効果的です。五峰山をイメージした「山の湯」、闘竜灘をイメージした「川の湯」が、皆さんをお待ちしています。

■ 山 の 湯 ■
 洞窟風呂、木風呂、樽風呂、水風呂、サウナ など
■ 川 の 湯 ■
 滝風呂、河原湯、川湯、水風呂、サウナ など

かさい愛菜館

新鮮野菜が盛りだくさん!
お買い物は午前中がベター

かさい愛菜館は、地元産の野菜をメインに山野菜・椎茸・卵・加工品・寿司などを取り揃えています。野菜は安全・新鮮さが売りで、生産者が心を込めてつくっています。お客様に感動をあたえ、喜んでいただけるような店にしていきたいと考えています。お近くにお越しの際は、一度お立ち寄り下さい。スタッフ一同お待ちしております。
売れ筋照会

なごみの里 山都(やまと)

大和地区の活性化マスタープランとして「なごみの里山都」は建設されました。赤穂藩の領地であった由来から、歴史・文化を取り入れた武家屋敷風の体験交流館と名峰笠形山の形状をデザイン化した屋根で八角形の交流活性化センターからなる複合施設です。木工、陶芸、草木染、食の実習室、レストラン、パン工房のほか、山都の湯、多目的ホール、研修室(和室)、展示ロビーなどをそろえています。またレストランでは、木の香を感じながらスローフードの伝統メニューやそば、こんにゃく、高野豆腐、椎茸、地元自然野菜など、特産を活かした料理が味わえます。土・日・祝の朝市も完売の盛況です。檜風呂・石風呂があり、床暖房のホールや落ち着いた和室研修室でゆったりおくつろぎください。また、滞在型市民農園30 区画及び宿泊棟があり、キャンプ場も併設しています。
コテージ(ひゅってやまと)

円満寺

法道仙人が開基といわれている高野山真言宗のお寺です。
室町時代の大火で消失しましたが、慶長14年(1609年)、明覚上人によって中興されました。明覚上人は仏様の夢のお告げを受けて、円満寺の建て直しを行ったとされています。その頃、物の怪に苦しめられていた姫路城主、池田輝政公のもとに出向き、祈祷を行った明覚上人。数日後、物の怪はあらわれなくなり、輝政公は大変感謝し、円満寺にたくさんのお礼を供えたそうです。
また、円満寺には1本のイチョウの木があります。この木は「乳の木」と呼ばれ、母乳不足の婦人たちが祈願すると必ず乳を授かったと言われています。見るからに霊木という雰囲気が漂っています。なお、本堂には、薬師三尊が安置されています。

兵庫県立フラワーセンター

4500種類もの花がそろう壮麗で広大な花園
46haにもおよぶ広大な園内の中央には水鳥の遊ぶ『亀ノ倉池』を配し、池を囲むように広がる大小さまざまな花壇や樹木園では四季折々の花が咲き競い、季節により表情を変える約4,500種類の花と緑が憩いの空間を提供する、全国でも有数の花の公園です。また、温室では国内有数のコレクションとして知られるベゴニア・ゲスネリアのほか、色とりどりの熱帯植物が年中観賞できます。
KASAIねっぴ~号も運行していますので、ご利用ください。
http://www.city.kasai.hyogo.jp/01kura/12jiko/01jiko.htm#bus

兵庫県立フラワーセンター

MIKI夢ステーション

 三木鉄道の跡地を地域の方々にとって楽しく元気になれる場所にしようと、平成22年に「三木鉄道記念公園」が整備されました。
 旧三木駅舎は鉄道資料の展示と休憩スペースからなる「三木鉄道ふれあい館」に、旧車庫は惣菜や日用品などを販売する農産物直売所「MIKI夢ステーション」に生まれ変わりました。

 「MIKI夢ステーション」内には地元産の食材を使ったお食事処「えぷろん三木」があり、日替わり定食や、手作りのミニケーキ付のコーヒーをお手頃価格で提供しています。

 旬の地元野菜や花を随時入荷中です。
 また、食料品や日用品、三木市関連商品の販売も行っています。
 「えぷろん三木」のお弁当を始め、地元人気店のお惣菜の販売も人気です。